こんなアフィリサイトはうざい!気をつけたい5つのポイント

affiliate-annoying

唐突ですが、押し売りってうざいですよね。

アフィリエイトも商品やサービスを紹介して報酬を受け取るので仕組みはソックリです。

当然、押し売り感が強ければあなたの作ったサイトはウザがられてしまいます。

この記事では押し売り感を無くすポイントをまとめます。

アフィリエイト=悪

アフィリエイトは一般的には余り良いイメージはありません。というか「アフィリエイト=悪、詐欺」みたいなイメージです。
知り合いにもアフィリエイトをしているとは言いにくい人が大半だと思います。

これは報酬目当てで作られたアフィリサイトがめちゃくちゃあるのが原因です。

キーワード目当ての文字の羅列やツールを使ったサイトの量産です。
白背景に白文字で見た目には見えなくしたりとか・・・。

稼げれば問題無い!という考えで、昔の高額塾でも率先して推し進めた結果です。
2010年ぐらいはこれで検索上位にいけたので流行った手法です。

こういうサイトをみて、またアフィリサイトじゃねーか!という人が一気に増えてしまいました。

現在はグーグル先生が一掃してくれたので少なくなりましたが、悪いイメージは中々消えません。

本来は企業と購入者を仲介するwin-winなビジネスの仕組みなんです。

構造的には只の代理店として商品を紹介しているので孫正義と一緒です。

ソフトバンクもアイフォンを売っていますが自社の製品ではありません。
代理店として売っているので孫さんもいわばアフィリエイターなんです。

ですが、この悪いイメージがついてしまってしまっている為にサイトにアフィリエイトイメージを極力なくしていか無いと売れません。

 

押し売り感があるアフィリサイトとは?

バナーを貼りまくっている

affiliate-annoying2

記事上や記事下、他のも文中にあったりととにかくアフィリエイトリンクが張り巡らせている記事は押し売り感がものすごいです。

パッと見て広告だらけのページって見づらいし、記事を読む気が失せてしまいます。

記事下にアフィリエイトリンクを貼るだけでOKです。

広告タイプはビジュアルバナーはいらないです。テキストリンクで貼りましょう。

広告バナーはこんなの


テキストバナーはこれ

ドメイン取るならお名前.com

 

とにかく褒めまくっている

商品を売ろうとするためにとにかくメリットだけを上げている記事は敬遠されます。

人は基本的には疑って記事を読みます。(ココ重要!)
メリットだけをあげても「ほんとかよ・・・」と思ってしまうんです。
こういう記事を読むと完璧な商品・サービスに思いますが、完璧なものなどないのは誰でも知っています。

良い点と悪い点をあげていき、でも使う事でこれだけメリットがありますよ。とライティングで納得させる事が重要です。
「悪い点」とは書かないで、「気になる点」と柔らかく書く事も重要です。

例えばある化粧水を売り込もうとした場合だと・・・・

メリット

お肌にいいメリットをあげていき、メリットを強調します。

  • 肌がみちがえるほど奇麗になる
  • 有名人も使用している
  • 価格も安い
  • 天然なので成分も安心
  • 口コミ評価も高い(口コミも一緒に紹介)

デメリット

デメリットも柔らかく書いておく

  • 敏感肌の人は一度試してからの方がいいかもしれません。
  • 人によってはあわない場合もあります。
  • すぐに効果が出る訳ではなく多少の時間は必要(だけど90%の人は効果が実感出来ている)

という感じで信憑性を高めて行く必要があります。

 

焦せらせる文体

買わせたくて必死感がある記事には、人は敬遠してしまいます。

  • いまだけ送料無料なんで急ぎましょう!
  • 在庫が少ないので買うべきです!
  • 人気なのですぐに無くなります!
  • 絶対買ってください!

なんてかいてあったらどうでしょう。

引きますよね・・・。

さりげなく商品を紹介するだけで、売れるので押し売り感をなくすライティングを目指してください。

売るためのコンテンツしか無い

とにかく商品を紹介するだけのページは売り込み感が強くなります。

商品を売るページだけではなく、来てくれた訪問者が喜ぶ様なコンテンツも用意して置くことで、「良いサイトだな」と思われるんです。

上の例ででた化粧水で言うと、肌荒れの原因をくわしく解説している記事や、食生活でも肌荒れを防げるという記事等訪問者のニーズを読んでコンテンツを用意してあげる事が重要です。

ステップとしては、

  1. 報酬につながらないページも用意してアクセスを呼ぶ
  2. さりげなく「こんな商品もありますよ」と紹介してあげるだけでOKです。

売るページは極端にいうと、1ページでもいいんです。

 

文字を強調しすぎている

アフィリエイトリンクを極端に大きくしたり、強調しすぎているのもNGです。
いまはスマホで見る人も増えているので文字も大きくしなくていいでしょう。

また赤字だったり、ピコピコ動いているgifもうざくないですか?あれいらないと思います。

アフィリエイトリンクは、「テキストリンクで色は青」これが鉄板です。

 

まとめ

基本的なベースの考え方としては、悩みを解決出来るサイトを作る事です。
そのなかで商品を紹介して行く形じゃないと信頼が得られなく、売り込み感が強すぎるサイトが出来てしまいます。

  • 役に立つ記事8
  • 成約をとる記事2

これぐらいの割合を目指しましょう。

アフィリエイトリンクが多ければ、収入が上がる訳ではありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です