稼ぎたいなら知っておくべきアフィリエイトの種類

affiliate-type

アフィリエイトの種類は様々ありますが、どれが稼げてどれが稼げないという事ではありません。

要は何を使って何を売るのか?
だけです。

当然あなたとの向き不向きがありますし、相性もあります。

まずはどのような種類があるのかみていきましょう。

アフィリエイトの種類

アフィリエイトの種類は細かく分ける事も出来るのですが、大きく分けて2種類です。

「クリック報酬型アフィリエイト」と「成果報酬型アフィリエイト」です。

記事を読んでもらって広告収入を得るのが「クリック報酬型アフィリエイト」、
ASPや楽天やアマゾンなどの商品を紹介して報酬をもらうのが「成果報酬型アフィリエイト」です。

 

クリック報酬型アフィリエイト

クリック報酬型のアフィリエイトの代表的なものは「グーグルアドセンス広告」です。

登録は審査がありますが、非常に簡単でクリックされるたびに商品が売れなくても報酬が発生します。
ブログの属性にあった広告を自動的に表示してくれるため利用しやすいアフィリエイトです。

その分報酬額は低めで、1クリックされても1円~40円ぐらいの報酬額です。

この値段は広告の種類によって変わってきます。
考え方としては広告費にお金をかけれる業界(金融系など)のクリック報酬は軒並み高いです。

ブロガーと呼ばれる人達はこれが多いですね。

インプレッション報酬型

クリック報酬型以外にも、インプレッション報酬型という形もあります。
広告が何回表示されたかにより報酬が発生します。

「グーグルアドセンス広告」はインプレッション収益もあり、サイトに訪れた人数(アクセス数)でも報酬はあがりますが大きな金額を稼ぐにはアクセス数が必要です。

 

成果報酬型アフィリエイト

成果報酬型アフィリエイトは、人によって呼び方に違いもあったりするので混乱もしやすいです。

何を使って何を売るのか?

それによって名前が変わるだけです。扱う媒体(サイト、メルマガなど)や商品内容により呼び方が違います。

何を媒体を使うか?

  • サイト(ブログ)なら「サイトアフィリエイト(ブログアフィリエイト)」
  • メルマガなら「メルマガアフィリエイト」
  • Youtubeなら「Youtubeアフィリエイト」
  • Twitterなら「Twitterアフィリエイト」
  • スマホなら「スマホアフィリエイト」
  • PPCなら「PPCアフィリエイト」

 

何を売るのか?

何を扱うのかによってその商品の種類で呼ばれたりもします。

  • 商品を売るなら「物販アフィリエイト」
  • 情報商材を売るなら「情報商材アフィリエイト」
  • トレンドニュースを扱うなら「トレンドアフィリエイト」
  • アダルト系のサービスや商品を売るなら「アダルトアフィリエイト」

 

サイト(ブログ)アフィリエイト

文字通り自分のサイトを作成して商品を売るアフィリエイトです。

yahooやgoogleなどの検索エンジンから訪問者を集めて、
広告から商品や商材を購入してもらったり、契約してもらう事で報酬を得るのがサイトアフィリエイトです。

サイトを育てていくので時間はかかりますが、コンテンツ(記事)を書いていく事で安定した定期収入が得られます。

メルマガアフィリエイト

メルマガとは「メールマガジン」での略で、メルマガを発行して読者に対してアフィリエイトするやり方です。

そのため読者を増やす必要がありますが、メール一通で一日何十万といった報酬が得られる可能性がある手法です。

また有料化にして読者を集めれば常に安定収入が得られますが、あなたのブランド力がないと読者は集まりません。ホリエモンこと堀江貴文さんは刑務所でもメルマガを書き続け、収監当時でも月500万以上の収入を得ていたそうです。

うまくいけば爆発的に稼ぐ事が出来ますがブログ展開やブランディング力が必要です。

 

PPCアフィリエイト

PPCアフィリは広告費を払って集客するアフィリエイトです。

検索結果の1 ページ目にすぐ掲載することができるので、すばやくアクセス(お客様)を集めることができます。

yahooやgoogleの検索結果上や横にあるスペースに掲載する広告から報酬が広告費より安ければ稼げるというやり方なのでリスクはありますが、即効性が高い手法です。

初心者には向いてません。

Twitterアフィリエイト

Twitterを利用して商材や商品を売っていくアフィリエイトです。

文字数に制限があるためライティングスキルやSEOの知識が必要なく、フォロワーの数や質によって稼ぎ方が違います。

ブログとの相性もいいやり方です。

 

スマホアフィリエイト

2015年現在でホームページをみるメディアはpcよりスマホの方が利用者が多くなりました。

サイトアフィリエイトと基本的には変わりませんがより、スマホに特化した商品を扱う必要があります。

 

物販アフィリエイト

主に楽天やアマゾンの大手通販の商品を売るアフィリエイトです。

一般的に利用者が多いため、報酬が発生しやすいのが特徴です。
報酬額は大体商品の1%(10,000円の商品が売れても1,000円の報酬)と低いですが購入者をいかに増やすかが鍵になります。

 

情報商材アフィリエイト

自分のサイトやブログ、あるいはPPC広告など媒体を選ばず情報商材を売るアフィリエイトです。

物販アフィリエイトに比べ売れる数は圧倒的に少ないですが報酬額がかなり高いので実践者も多い手法です。販売者(インフォプレナー)として成功すれば稼ぎは莫大です。

 

トレンドアフィリエイト

毎日にトレンドになっているニュースからアクセスを集めるアフィリエイトです。
ジャンルが問われないため主婦層、学生なんかも始めやすいアフィリエイトです。

グーグルアドセンスを利用してアクセスの数(PV数)が増えれば報酬が増えて行きます。
グーグルが求めているコンテンツ重視のやり方とは異なる為、特化型のテーマを絞ったトレンドアフィリエイトというやり方もあります。

 

アダルトアフィリエイト

ブログやサイトからアダルト系の商材や月額会員登録を狙うアフィリエイトです。

検索数が多いジャンルですので比較的人が集まりますが、向き不向きがあります。アダルトに抵抗がある人は長続きしないでしょう。

 

まとめ

【ポイント】

  1. アフィリエイトには様々な種類がある事を知っておく
  2. ブログと相性のいいアフィリエイトはグーグルアドセンス
  3. 人を集めながら商品を売る事が最速

アフィリエイトは様々な手法がありますが、組み合わせて行く事で6桁、7桁の報酬まで持って行く事ができます。

誰でも簡単に始める事が出来るの最もオーソドックスなやり方です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です