SEO対策プラグインならまずこれ!All In One SEO Packの設定と使い方

all-in-one-seo-pack

All In One SEO Packはアフィリエイターのみならずブログに重要なSEO対策がこれ1つでカバー出来るプラグインです。

ブログ自体のタイトルタグやキーワード設定から検索結果に表示される内容を最適化したり、SEO対策の設定を行なう事が出来ます。

特にSEO対策として大きいnoindexの設定もこのプラグインで設定できます。

この記事ではAll In One SEO Packの正しい設定方法と使い方をご紹介します。

All In One SEO Packの設定方法

All In One SEO Packは、設定項目が多いですがこの記事通りに設定するだけで最適なSEO結果が出ます。

All In One SEO Packをインストールする

まずはダッシュボードのプラグイン、新規追加から「All In One SEO Pack」を検索。
インストールして有効化をします。

all-In-one-seppack01

ダウンロードしてインストールする場合は下記のURLからダウンロードできます。

https://wordpress.org/plugins/all-in-one-seo-pack/

 

All In One SEO Packの基本設定

インンストールが完了して有効化するとダッシュボードに「All in One SEO」という項目が加わっているのが確認出来ると思いますので、設定をしていきます。

ダッシュボードから「設定」からAll in One SEOを選び、「General Settings」を選びます。
ここがいわゆる一般設定になります。

General Settings

一般的には画像の設定で問題ありません。

all-In-one-seppack05

1番重要なのは「Canonical URLs」です。ここだけは確実にチェックを入れるようにしましょう。
複数のURLが同一コンテンツであるとGoogleに知らせる設定です。

各コンテンツが「Canonical」タグが設定されます。
オリジナルページとして認識して重複コンテンツを防ぐ効果があります。

Canonical URLsとは

当サイトの場合のトップページは「http://affiliate-structure.com」ですが、「http://www.affiliate-structure.com」でも表示されます。

また「affiliate-structure.com/index.html」でも表示出来るため、複数のアドレスがweb上に存在する為重複コンテンツと認識されるのを防いでくれます。

No Pagination for Canonical URLs

同一記事が複数ページに分けてコンテンツを作っている場合、2ページ目以降を検索エンジンにインデックスさせないようにする設定です。同一記事が複数ページに分けてコンテンツを作っている場合とは、オールアバウトのような感じです。

all-In-one-seppack_all

 

Home Page Setting(サイトタイトルとメタタグの設定)

一番最初に設定するのはトップページのブログのタイトルとメタタグ(ディスクリプションとキーワード)の設定です。
これはGoogleに「どのような内容のブログですよ!」と分からせる為の設定です。

ちなみに当サイトを検索するとこのように表示されます。
all-In-one-seppack18


all-In-one-seppack02

ホームタイトル

サイトタイトルを入力します。

ホーム詳細(Description)

サイトの説明を入力します。
検索エンジンから見える部分ですので、わかりやすく興味を引くような説明文を入力します。

ホームキーワード(コンマで区切る)

どのようなテーマでブログを作っているのかキーワードを入力します。

例えば当サイトなら「アフィリエイト」です。
キャッシングサイトを作っているなら「キャッシング」、がん保険のサイトなら「がん保険」と入力します。複数の場合はコンマ「,」で区切ります。

多くても3つぐらいにしましょう。

Use Static Front Page Instead

あなたのサイトのトップページを固定ページにしている場合に、有効にするものです。

固定ページも記事ページと同様、ページごとにキーワード設定がありますので、「利用」を選ぶと上の3つの設定が非表示になります。

 

Keyword Setting(メタ・キーワードの設定)

それぞれの記事のカテゴリやタグから、メタ・キーワードを自動生成することができます。

all-In-one-seppack03

「use keywords」の利用にチェックをいれましょう。
チェックを入れないと記事ごとの SEO キーワード設定が出来なくなります。

その他はチェックを外してください。
各記事のメタ・キーワードが自動生成してくれるチェックボックスですが、各記事で手動で設定するので不要です。

なるべく狙いのキーワードは各記事に対して手動でした方がSEOが高まります。

 

Title Setting(各記事タイトルの設定)

all-In-one-seppack04

検索結果ページに表示される記事タイトルを設定するための設定です。

当サイトでは画像の様に設定していますが、重要ではありあません。
「タイトルを置き換える」を利用してもタイトルは Google 側が調整されてしまう場合と、そうでない場合があります。

「カテゴリータイトルを大文字にする」 の部分は英字の設定ですので必要ありません。

 

Custom Post Type Setting(カスタム投稿用の設定)

WordPressのカスタム投稿のSEO設定をする項目です。

all-In-one-seppack06

カスタム投稿用のSEO

カスタム投稿タイプを利用しているなら「利用」にチェックを入れましょう。カスタム投稿を使ってコンテンツを作る場合も個別の SEO 設定が出来るようになります。

将来的に利用するかも?という場合でもチェックしておいて問題ありません。

SEO on only these post types

どの記事タイプをカスタム投稿するのかを選択できます。

Enable Advanced Options

「利用」を選択しておくことで「SEO on only these post types」で適用する記事タイプを選択できるようになります。

 

Display Setting(ディスプレイの設定)

WordPressのダッシュボード上に関する設定ができます。

all-In-one-seppack07

 Show Column Labels for Custom Post Type

WordPressの投稿一覧や固定ページ一覧に、「SEO Title」「SEO Description」「SEO Keywords」といったSEO設定メニューを追加する事が出来ます。

設定し忘れを防げるのでチェックがおすすめ。

内的SEOをするにはチェックを入れてみるとこのようになります。
all-In-one-seppack08

Display Menu In Admin Bar

all-In-one-seppack09

チェックを入れるとダッシュボードの上部バーにショートカットを追加されます。

Display Menu At The Top

all-In-one-seppack10

チェックを入れるとダッシュボードのサイドバーに設定画面が追加されます。

この「Display Menu In Admin Bar」と「Display Menu At The Top」はどちらかにチェックを入れないとAll In One SEO Packの設定が出来なくなりますのでどちらかはチェックを入れておきましょう。

 

Webmaster Verification(ウェブマスターツールの設定)

Google Webmaster Tools

ワードプレスに必須のSerch Console(ウェブマスターツール)にサイト情報を登録するメタタグを入れます。
http://www.google.com/intl/ja/webmasters/

Serch Console(ウェブマスターツール)に移動してMetaタグを入手する必要があります。
すでに登録済みの方ならタグを画像2枚目の場所に挿入します。

all-In-one-seppack11

コピーして下記画像の赤枠にペーストすればOKです。

all-In-one-seppack12

コピーして下記画像の赤枠にペーストすればOKです。

Bing  Webmaster Tools

Microsoftの検索エンジン「Bing」に認証させられます。

Pinterest Site Verflation

画像投稿共有SNSのPinterestに自分のサイトを登録出来ます。

 

Google Setting(Google+とアナリティクス設定)

all-In-one-seppack13

Google+やGoogleアナリティクスとの連携が出来ます。Google+を活用している人は設定してもいいと思います。
Google+と紐づける事で、コンテンツの検索結果に著者情報が出ましたが、今は無くなりました。

Google Plus Default Profile

Google+のプロフィールページのURLを記入します。

Disable Google Plus Profile

Google+で載せているプロフィール写真を利用しない場合は、チェックしてください。

Display Sitelinks Search Box

チェックを入れる事で「検索結果の横に Google サイトリンクの検索ボックスを表示する」という設定ですが表示されないので外しておこう。

Set Preferred Site Name

複数サイトを運営している場合、チェックを入れる事で優先するサイト名を設定出来ます。

Advanced Authorship Options

「利用」を選択すると「」が表示されて、Googleの検索結果に著者情報を表示する投稿の種類が選べるようになりますが現在は表示されないので利用しなくていいです。

 

Google アナリティクスID

GoogleアナリティクスIDを入力する事で紐付けする事が出来ます。

GoogleアナリティクスとはGoogleが無料で提供するアクセス解析機能です。
https://www.google.com/analytics/

あなたのサイトをGoogleアナリティクスに登録していなかったら、登録するとトラッキング ID が付与されます。
UAから始まるアナリティクスのIDを入力します。

GoogleアナリティクスのトラッキングIDを入力した後、一度更新しましょう。そうする事で連携されます。

下図の設定はデフォルトで問題ありません。
アナリティクスを設定を突っ込んだ設定が出来ますが、web管理者とかでない限り必要ないでしょう。

念のため設定項目の解説もしておきます。

all-In-one-seppack13

Use Universal Analytics

チェックを入れる事でユーザーの反応を詳しく解析出来るユニバーサル アナリティクスを利用できるようになります。

Advanced Analytics Options

「利用」を選択する事で「サブドメインの設定」や「外部サイトへのトラッキング」が可能になります。

Tracking Domain

複数のサブドメインを利用するならチェックを入れよう。

複数のトップドメインを利用するならチェックを入れよう。

Anonymize IP Addresses

サイト訪問者のIPアドレスの一部情報を削除してくれ、サイト訪問者のセキュリティが強くなります。
主にビジネス向けの設定です。

Display Advertiser Tracking

ディスプレイ広告を使っている場合、計測してくれます。

Exclude Users From Tracking

WordPressログイン時に解析を除外するユーザーを任意で設定出来ます。

Track Outbound Links

外部サイトへのアクセスを追跡する場合するならチェックを入れよう。

Enhanced Link Attribution

Googleアナリティクスのリンク先が複数に分かれるページを確認する「リンク アトリビューション分析」が出来ます。

 

Noindex Setting(Noindexの設定)

NoindexとはGoogleからのクローラーを回避する事で、これらを設定出来ます。

一時期タグをとにかく多く入れてリンク効果を呼び込むやり方が流行りましたが、最近のSEOだと低品質なページと認識されてペナルティを受けたりと行ったケースが多いため、タグはGoogleに認識させないようにした方がよいです。

ここでチェックした項目は検索エンジンにのる事はありません。

「しっかりと記事を認識してもらう事でGoogleの評価を高める」
これが一番健全なSEOなので、Noindexはしっかりと設定しましょう。

all-In-one-seppack16

Default to NOINDEX

検索エンジンにインデックスさせたくない投稿の種類をチェックを入れる事で選択できます。

投稿固定ページメディアのチェックが外れている事を確認しましょう。
コンタクトフォームを入れている場合はチェックを入れてください。

Default to NOFOLLOW

投稿内のリンクをたどらせたくない投稿の種類を選択できます。

Default to NOODP

NOODPタグを使用したくない投稿の種類を選択できます。

Default to NOYDIR

ここではNOYDIRタグを使用したくない投稿の種類を選択できます。

カテゴリーをnoindexにする

「カテゴリーページ」をクロールさせるかどうかを選択します。

Use noindex for Date Archives

「投稿の日付別一覧」をクロールさせるかどうかを選択します。

Use noindex for Author Archives

「投稿者別一覧」をクロールさせるかどうかを選択します。

タグをnoindexにする

「タグ」をクロールさせるかどうかを選択します。

Use noindex for the Search page

「検索結果一覧」をクロールさせるかどうかを選択します。

Use noindex for the 404 page

「404エラーページ」をクロールさせるかどうかを選択します。
「404エラーページ」とは目的のページが無い場合に表示されるページです。

Use noindex for paginated pages/posts

「複数ページにわたる投稿」をクロールさせるかどうかを選択します。
チェックを入れることで、コンテンツの重複を避けれます。

Use nofollow for paginated pages/posts

「複数ページにわたる投稿内のリンク先」をクロールさせるかどうかを選択します。
チェックを入れることで、コンテンツの重複を避けれます。

Exclude site from the Open Directory Project

チェックを入れることで、自分のサイトについてのタイトルと説明文章を使用しないという設定です。
これらは必要ありません。

Exclude site from Yahoo! Directory

ヤフーディレクトリから自分のサイトについてのタイトルと説明を使用しないようになります。
現在はヤフーとGoogleは同じ検索結果が出るため必要ありません。

Tax noindex

カスタム分類する際の設定です。

 

Advances Setting(高度な設定)

ヘッダーに要素を追加出来る設定ですが、デフォルトでもOKです。
当サイトでは画像の設定にしてありますが、あくまで参考に。

all-In-one-seppack17

詳細を自動生成

チェックが入れると未記入の場合投稿記事の頭から160文字で自動的に記事の説明であるdescriptionタグを記述してくれます。

Remove Descriptions For Paginated Pages

1記事が複数ページの投稿の場合、2ページ目以降にdescriptionタグを作りたくない場合はチェックを入れます。

Never Shorten Long Descriptions

記事の説明であるdescriptionの長さを調整出来る項目です。
デフォルトでは160文字ですが増やしたい場合にはチェックを入れますが検索結果に表示はされないので不要な気がします。

Unprotect Post Meta Fields

カスタムフィールドの動作に関わる不具合が起きた時の設定です。

固定ページを除外する

ここには「All in One SEO Pack」の設定から除外したい固定ページがあれば記入します。
複数ある場合はカンマで区切りましょう。

投稿のヘッダーに追加記入

投稿ページのヘッダーに追加したいコードがあれば記入します。

固定ページのヘッダーに追加記入

固定ページのヘッダーに追加したいコードがあれば記入します。

フロントページのヘッダーに追加記入

フロントページのヘッダーに追加したいコードがあれば記入します。

Additional Blog Page Headers

トップページのヘッダーに追加したいコードがあれば記入します。

 

以上で終了です。

サイトアフィリを始めるなら絶対インストールすべきプラグイン10選

2015.10.19

 

 

まとめ

All in One SEO Packは、SEO対策をするなら必須のプラグインです。
投稿ごとにタイトルやメタタグを設定することで、しっかりとあなたの記事の内容を検索エンジンに伝える事ができます。

もし利用していなかったら活用してSEO対策する事をおすすめします。

【ポイント】

  1. 基本的な内的SEOはAll in One SEO Packで設定出来る
  2. All in One SEO Packを使う事でサイトのSEOを高める事が出来る
  3. All in One SEO Packの設定の仕方や使い方を理解する

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です