確定申告の外注費|クラウドワークスとランサーズの支払い額を確認する方法

tax-subcontract-cost

アフィリエイトがある程度軌道にのってきたらまずするべき事は記事の外注化です。

確定申告する場合はこれらをまとめて経費として計上出来ます。

今回は、クラウドワークスとランサーズの年間外注費の確認方法です。

クラウドワークスで1年間の支払いを確認方法

https://crowdworks.jp/

subcontract cost1

まずはログインして、クライアント(発注者)メニューで「支払い」をクリックします。

すると、ば〜〜と一覧の支払い履歴が出てきます。
まとめての表示はできないので1つ1つを計算して出して行かなくてはいけません。

僕の場合、外注はかなり使っているので結構骨折れます。

またExel形式やCSVでダウンロードも出来ますのでプリントアウトすれば領収書代わりにもなりますし、請求書をそれぞれ発行する事も出来ます。
これは実際に発行される訳ではなく、支払日を確定した上でプリントアウトする形になります。

subcontract cost3

 

ランサーズで1年間の支払いを確認方法

http://www.lancers.jp/

subcontract cost4

ログイン後、会員メニューの「入出金管理」から「領収書・請求書発行」をクリックします。

subcontract cost5

 

すると一覧が出ますのでまとめておきましょう。

ランサーズもクラウドワークスと同様に領収書が発行出来ます。

 

最後に

確定申告ではとりあえず領収書を一枚一枚プリントアウトする必要はありません。
領収書をもし求められたらプリントアウトすればいいでしょう。

入会しておけば履歴はずっと残ってるので、必要になったらで大丈夫です。

クラウドサービスならではのメリットですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です