問い合わせフォーム作成プラグインContact Form 7の設定と使い方

contact-form7

初心者でも簡単に問い合わせフォームが作れるワードプレスのプラグインです。

カスタマイズも簡単で、自分好みのフォームを作成出来ます。
またブログを閲覧している方とやり取りする場合にはやコメントがあります。
ですが、アフィリエイトでもロングテールのメディア型サイトを作る場合には、よりしっかりとした印象を与えるでしょう。

この記事ではContact Form 7の設定方法と使い方をご紹介します。

Contact Form 7の設定方法

Contact Form 7をインストールする

まずはダッシュボードのプラグイン、新規追加から「Contact Form 7」を検索。
インストールして有効化をします。

contact-form7-1

ダウンロードしてインストールする場合は下記のURLからダウンロードできます。

https://wordpress.org/plugins/contact-form-7/

 

Contact Form 7の基本設定

インンストールが完了したら設定をしていきます。

Contact Form 7をインストールすると、ダッシュボードのサイド部分に「お問い合わせ」という項目が追加されているのが分かると思います。
ここから設定をしていきます。

マウスカーソルを合わせると「新規追加」という項目があるのでクリックします。

contact-form7-2

フォームの設定

すると設定画面が現れます。

この画面ではフォームの各種設定やメール、メッセージの設定等が出来ます。

フォーム名の設定

画像下の赤枠部分でフォームの名前を決められます。

尚、この名前は外部からは確認出来ないので自分の好きな名前の付け方で大丈夫です。
複数のフォームを使い分ける場合もあるので分かりやすい名前がいいでしょう。

contact-form7-3

 

フォームの項目設定

ここではフォームの内容、項目についてカスタマイズ出来ます。
デフォルトで15個用意してありますので、メールフォームに何が表示されるのかを決めましょう。

デフォルトで「お名前」「メールアドレス」「題名」「メッセージ本文」の4つの項目と「送信」ボタンが設定されています(下図参照)。
項目を追加したり削除したりカスタマイズできますが、まずはこのままフォームを作成してみます。

contact-form7-5

 

メール設定

問い合わせやメッセージがあった場合のメールアドレスの設定や、どのように送られてくるのかというメールのテンプレートをカスタマイズ出来ます。

contact-form7-7

 

メッセージ設定

問い合わせをしてくれたサイト閲覧者にどのようなメッセージを設定するのかを決められます。

contact-form7-8

 

その他の設定

カスタマイズする為のコードのjavaScriptコードの追記やカスタム設定できます。
デモモードでの運用「demo_mode: on」などが使えますが、設定は必要ないでしょう。

contact-form7-9

 

ここまで出来たら、最期に保存をするとコンタクトフォームが作成され、貼りつけ用のコードが表示されます。
このコードをコピーかメモしておいて下さい。

contact-form7-6

 

フォームを作成

フォームを作成するには固定ページを使います。

固定ページの「新規追加」で先ほどのコードをビジュアルエディタ画面で貼付けしましょう。

最後に任意の名前をつけて「公開」を押して保存します。

contact-form7-10

以上で基本的な設定は終了です。

 

コンタクトフォームをグローバルメニューに追加する

ダッシュボードの「外観」から「メニュー」を選択します。
固定ページから先ほど保存した固定ページのコンタクトフォームを「メニューに追加」を選びます。

contact-form7-11

 

実際にサイトを見てみましょう。
グローバルメニュー追加されていれば、以上で終了です。

contact-form7-12

 

以上で終了です。

サイトアフィリを始めるなら絶対インストールすべきプラグイン10選

2015.10.19

 

まとめ

【ポイント】

  1. Contact Form 7の設定の仕方や使い方を理解する。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です