Search Consoleでサイト作成初期にすべきFetch as Googleの使い方

search-console-term

Fetch as Googleを知っていますか?

Fetch as Googleはあなたの記事の更新をGoogleに知らせる為のツールです。
サイトの初期段階では検索エンジンになかなか登録されないので、Fetch as Googleをしないと記事を書いても検索エンジンに載るのに時間がかかります。

Fetch as Googleを利用するには、「Google Search Console」に登録する必要が有ります。

「Google Search Console」は、サイト運営していくでは必須なので是非利用してください。
登録する事で様々なメリットが得られます!

登録方法はこちらです。
最も簡単なGoogle Search Consoleの登録方法

この記事では、サイト作成初期段階にすべきFetch as Googleの使い方をわかりやすくご紹介します。

Search Console(サーチコンソール)のクロールとインデックスとは?

search-console-term1

まずFetch as Googleのやり方の前に、「クロール」と「インデックス」という意味を理解しておかなければいけません。

サイトを「Google Search Console」に登録して初期画面を開くと、下図の赤枠に「クロール」と書いてありますね。

まずGoogleの検索エンジンは、クローラーというプログラムが検索エンジン上にある全てのサイトを自動的に巡回して情報を収集しています。
つまりあなたが記事を更新すると、クローラーによって新しい記事が出来ました!とGoogleに知らせてくれるという事です。

このクローラーがあなたのサイトを訪れないと、検索結果にあなたの記事が載る事はありません。
クローラーは、Googlebot(グーグルボット)とも呼ばれたりします。

クローラーは、あなたのサイト全体を巡回してあなたのサイトの内容を理解した上で、Googleのデータベース(検索エンジン)に乗せてくれます。
この流れを「インデックス」と呼びます。

  • どんなテーマで作られているか。
  • どんなキーワードが多いのか?
  • どんなサイトからリンクが貼られているか(被リンク)

など様々な情報をクローラーはGoogleに教える役目となるものです。

その結果、Googleに評価されると検索エンジンの上位に表示してくれるということです。

 

サイト作成初期段階で行なうべきFetch as Google

Googlebotのクロールをリクエストする

Googlebot(グーグルボット)のクローラーがあなたのサイトに来てくれないと、どんなに一生懸命記事を書いても検索結果に載りません。
つまり訪問者は0なんです。

そのため、記事を書いたらクローラーに「来てください!」とお願いする事が出来ます。

それが『Fetch as Google』です。

 

Fetch as Googleを利用してみる

search-console-term2

では、ダッシュボードの「クロール」をクリックして、「Fetch as Google」を選んでください。

画像赤枠に記事のアドレスを打ち、最後に「取得」をクリックしてください。

 

search-console-term3

問題がなければ画像の様にステータスが完了となりますので、「インデックスに送信」をクリックしましょう。

 

search-console-term4

「私はロボットではありません」をチェックして「このURLのみをクロールする」を選んで送信を押したら終了です。

「このURLのみをクロールする」と「このURLと直接リンクをクロールする」の違い

「このURLのみをクロールする」は月に500回まで使えるので、ほとんどの方は問題ないでしょう。
「このURLと直接リンクをクロールする」は月に10回まで使えます。ほとんどの場合は大幅に記事を更新した場合などに使いますが、トップページに使用する事がほとんどです。

これをする事によってクローラーが早く来てくれるので、あなたの記事が通常より早く検索結果に載る事が出来ます。
例えばニュース系のトレンドアフィリなどをしているなら、早く検索エンジンに登録してもらう方が圧倒的にアクセスが見込めます。

またこれは絶対しなくても良いです。

ですが、サイトを作成してからしばらくはクローラーが全く来てくれないので、なかなか検索エンジンにすら載りません。
モチベーションも上がらないので、目安として50記事作成するまでは「Fetch as Google」を利用した方が良いと思います。

 

最後に

Fetch as Googleはサイト初期段階では必ずした方が良いのですが、意外と面倒なのでやらない人が多いようです。

初期から繰り返しFetch as Googleをする事によって、クローラーが巡回頻度が早くなってきます。

大体100記事を超えだすと記事を作成してから2.3分で検索エンジンに載る様になれば必要有りません。

個人的には50記事を目安としていますが、人によって違うと思います。あくまで目安として記事を公開してすぐに検索エンジンに載る状態ならもうOKです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です