サイトの最適化に必須プラグインHead Cleanerの設定と使い方

headcleaner

Head Cleaner は各CSSやJavascriptを最適化してくれタグを最適化してくれるプラグインです。

正しい設定をする事でサイトの表示を早めてくるため、ユーザビリティを向上してくれます。サイト速度向上の為には欠かせないプラグインの為、当サイトではインストールを推奨しています。

この記事ではHead Cleanerの正しい設定方法と使い方をご紹介します。

Head Cleanerの設定方法

基本的にHead Cleanerは、たくさんの設定項目があってチェックを入れれば入れるほどデータを少なくして早くなります。ですがテンプレートによっては不具合が出るためバックアップをとっておきましょう。

EWWW Image Optimizerをインストールする

まずはダッシュボードのプラグイン、新規追加から「Head Cleaner」を検索。
インストールして有効化をします。

headcleaner01

ダウンロードしてインストールする場合は下記のURLからダウンロードできます。

https://wordpress.org/plugins/head-cleaner/

 

EWWW Image Optimizerの基本設定

インンストールが完了したら設定をしていきます。

ダッシュボードの「設定」から「Head Cleaner」を選びましょう。日本語表記なので見た目である程度は理解出来ます。

まず「CSS と JavaScript を、サーバ上にキャッシュする」にチェックを入れると項目が増え、詳細画面が出てきます。

headcleaner2

 

CSS javaの最適化設定

ここで、CSSとJavaScript のソースを最適化するのでチェックを入れましょう。画像のようにチェックを入れてください。

チェック項目
・複数の CSS を結合する
・CSS を最適化する
・複数の JavaScript を結合する
・JavaScript を小さくする
・フッタ領域の JavaScript も対象にする

この項目にチェックを入れる事でCSSやjavaのソースを単純化して最適化してくれます。「CSS, JS を動的生成する」という項目はキャッシュの有効期限を設定して、Head Cleaner側でgzip圧縮転送する設定です。

重くなるのでチェックは必ず外した方が無難ですが、テンプレートによってはチェックした方が早くなるという事もあります。

headcleaner4

さて他の部分も設定していきましょう。

ヘッダータグの最適化

headcleaner5

「メタタグ “canonical” を追加」にデフォルトではチェックが入ってますが、ワードプレスの場合はデフォルトでメタタグが入っているのでチェックは外しておきましょう。

 

セキュリティ設定

画像はワードプレスのセキュリティを設定するチェック項目です。図に習ってチェックを入れてください。

これらはタグの設定でセキュリティ面から考えるとチェックしておきましょう。

headcleaner6

他はチェックする必要はありません。

 

定期的に古いキャッシュを削除する

ワードプレスは定期的にキャッシュを削除する必要はありませんが、プラグイン等で不具合が起きた場合はキャッシュを消去する事で解決する事があります。

その場合にHead Cleanerを使ってキャッシュを削除する事が出来ます。

headcleaner7

 

以上で終了です。

サイトアフィリを始めるなら絶対インストールすべきプラグイン10選

2015.10.19

 

まとめ

【ポイント】

  1. Head Cleanerを使うとサイトの表示がはやくなり、ユーザビリティが良くなる。
  2. Head Cleanerの設定の仕方や使い方を理解する。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です