アフィリエイトで成約が上がるキーワードの6つの種類とは?

keyword-kind

サイトアフィリエイトで成果を上げるには「キーワード選定」が重要です。
アフィリエイトをする上で誰でも言っている事ですが実際9割は決まってしまいます。

とにかく俺は記事を量産してロングテールを狙うぜ!というやり方もありますが、なるべき労力をかけたくないという人がほとんどです。

まず基礎知識として、キーワードの種類についてご説明します。

成約が上がるキーワードの種類

検索意図の違いで判断するキーワードの種類

「キーワード選定」のまずは基礎は種類を知る事が重要です。
これは、GoogleのMatt Cutts(マット・カッツ)が言うには、キーワードは3つの種類に分かれます。

どのキーワードもアフィリエイトの記事として書きやすいものです。

 

1.取引型キーワード

購入する直前の「何かを購入したい」人が使うキーワードです。
商品名+(価格・最安値・会員登録・ダウンロード・資料請求)などが当てはまります。

具体的に言うと、下記の様なパターンで一番多いパターンです。

  • 外壁塗装+資料請求
  • 宇多田ヒカル+ダウンロード
  • iphone6S+最安値

アフィリエイトをする場合にはこの「取引型キーワード」で上位表示させる事が一番成約がとりやすいキーワードです。

なぜなら購入しようと決めて検索しているキーワードだからです。
当然その分ライバルが多くなるので、上位表示は難しくなります。

 

2.情報収集型キーワード

これは商品を購入する際の疑問や悩みを解決する情報収集に使われるキーワードです。
商品名+(効果・性能・解決法・やり方・方法・口コミ・評判・感想)などが当てはまります。

具体的に言うと、下記の様なパターンで一番多いパターンです。

  • 会社・サービス名+評判
  • ダイエット+リバウンド+理由
  • iphone6S+最安値

このキーワードで検索するユーザーの目的は「知る」ことです。
すぐに購入する意図がある訳ではないですが、興味を持っている状態です。

 

3.案内型キーワード

これは特定のサイト訪問に使われるキーワードです。
商品名+(楽天・アマゾン・@コスメ・企業名・問い合わせ)などが当てはまります。

  • 電動アシスト自転車+楽天
  • ソフトバンク+問い合わせ
  • Facebook+ログイン

このキーワードも購買意欲は高いキーワードと言えます。
購入しようとしていて、どこで買うのかを探している状態です。

 

商標系キーワードとジャンル系キーワード

4.商標系キーワード

商標系キーワードは「商品・サービス名」や「企業名」です。

  • ユーキャン+資料請求
  • マイナビ転職+口コミ
  • アクアクララ+値段

例えばこんな感じです。

5.ジャンル系キーワード

商標系キーワードはいわゆるジャンルをまとめた検索の種類です。

  • 保育士+転職
  • 転職+IT企業
  • ウォーターサーバー+評判

 

狙うべきキーワード選定とは

まずこの中から悩みを解決出来そうなものを使えるキーワードとしてピックアップしていきましょう。

一番人気があるのは「商標系キーワード」でコンテンツを作るケースです。
上記の例で言うと「商品・企業名+口コミ」でサイトを作っていくやり方になります。

商品が一つなので記事数も多くならなく、記事を書くのも難しくありません。
ですが、商品は1つしかアフィリエイトできないので、1サイトで大きく稼ぎにくいというデメリットもあります。

そのためジャンル系キーワードで広くキーワードを広って、ユーザーが満足するサイトを作っていく事が最終的には成約数を取れるのです。

「ユーキャン+口コミ」ではなく、「保育士+口コミ」で作ると、商品も複数アフィリエイト出来ます。

 

6.ユーザーが何を求めているのかを連想する俯瞰キーワード

また、コンテンツ型のサイトアフィリエイトでは、俯瞰型キーワードと呼ばれるキーワード選定も積極的に狙っていきましょう。

俯瞰型キーワードとは、ユーザーがどのような情報を求めているのかを連想して、キーワードを狙います。

例えば、iphoneが欲しい人はどのような情報を求めているのか?を検索者の立場になって考えてみると分かりやすいです。

iphone発売当初は人気のカラーはすぐに売り切れてしまいますよね。

そのようなニュースが出たら、「在庫を求めている」事が連想出来ます。

なので、「iphone+在庫」というキーワードで記事を作ろうかな?と考える訳です。
ライバルチェックをしてもし強そうならば「iphone+在庫+○○」とキーワードを2語から3語にしていきます。

  • iphone+在庫+楽天
  • iphone+在庫+ヨドバシカメラ
  • iphone+在庫+東京

などの3語でキーワードを選んでいく感じです。

 

まとめ

【ポイント】

  1. キーワードの6つの種類を知る
  2. 狙うべきキーワード選定を知る

 

当サイトではロングテールのサイトアフィリエイトを推奨しています。

そのため、キーワード選びはなるべく多く広い、幅広くコンテンツを作っていきましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です