LPや悩みサイトを利用したキーワードの具体的な5つの探し方

keyword-kind

キーワード選びは、プログラム選びと並んでアフィリエイト報酬を9割左右するぐらい重要な作業です。

ここをしっかりとしないと、全く同じプログラムとキーワードでも10万円稼ぐサイトと1円も稼げないサイトが出来てしまいます。

「どんなキーワードでアクセスを集めるか?」が一番サイトアフィリエイトでは時間をかけるべき所です。

具体的なキーワードの探し方

公式サイト・商品LPから探す

まず基本は公式サイトや商品のLPです。
LPには商品に関連する全てのキーワードが詰まっていると言っても過言ではありません。

例として「エステナードrose」という美顔器で調べてみましょう。

keyword-kind3
商品LP(超音波美顔器 エステナードソニック ROSE):http://www.kenkoucorp.com/lp/

昔からある商品ですが、セルフパックで購入出来るので体験記が書きやすい人気の商品です。
ざっと見ていくだけで、使えそうなキーワードが多く見つかります。

  • 超音波振動
  • 家庭用
  • 水分不足
  • イオンクレンジング
  • 電子イオン
  • 透明感
  • 油分
  • 美白
  • 潤い
  • シミ・そばかす
  • プラセンタエキス
  • メラニン
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • プルプル肌
  • トリメチルグリシン
  • 水酸化大豆リン脂質

 

こんな感じでどんどんピックアップ出来ますので、これらを組み合わせるだけでどんどん記事が出来そうです。

  • シミやそばかすに悩む30代が簡単に出来る美顔器はこれだった!
  • 最近潤いと悩む前に忙しいOLが自宅で出来る家庭用美顔器
  • プルプル肌ってなに?誰でも理解出来る分かりやすすぎる説明

など考えられてくると思います。

 

そして、記事タイトルはなるべくキャッチにクリックしたくなるようなタイトルをつけてください。

○プルプル肌ってなに?小学生でも理解出来る分かりやすすぎる説明
×プルプル肌とは?

どちらがクリックしたくなるでしょうか?
どんどん記事案をまとめていきましょう。

 

Q&Aや口コミから探す

「yahoo知恵袋」、「教えて!goo」、「@コスメ」「価格ドットコムの口コミ」等はキーワードの宝の山です。

検索してみるとたくさん出てきます。

keyword-kind4 keyword-kind5

画像引用:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7786166.html

ここだけでも、

  • カビ
  • 吹き出物
  • コメカミ
  • 口周り

などキーワードが拾えますね。

代表的なQ&Aサイト

気をつけてほしいのは、アフィリエイターの自作自演もあるという事です。
回答しておいて、このサイトがためになりますよ!と個人サイトに誘導している場合はかなりの確率で自作自演です。(笑)

無視してください。

 

TVや雑誌から探す

メディアから探していくのも有効です。
聞き慣れないキーワードでも普通に使われているので面白い記事が書けます。

例えば、「美白男子」などのキーワードを使えば男性にも探求出来るかもしれません。
雑誌も男性だと女性洋雑誌を買うのは抵抗あるかもしれませんが、アマゾンなんかで購入すればいいでしょう。

また「fujisan.jp」も使ってください。

かなりマニアックな専門雑誌もうっているので情報収集、キーワード探しにはもってこいです。
専門雑誌まで調べている人は少ないので、他のサイトとの差別化にもなります。

keyword-kind6

 

インクリメンタルサーチで探す

あまり聞き馴染みが無い言葉かもしれませんが、ブラウザやスマホなどで入力のたびごとに複数の候補が出るキーワードです。

keyword-kind2

これです↑

クリック誘導がかなり出来て、現在はスマホユーザーが増えていくため、スマホからのアクセスを取りやすいキーワードですので特に重要視してほしいです。

インクリメンタルサーチは、Google/Bing/Yahoo関連キーワードツール の「goodkeyword」を使うと効率よく調べる事が出来ます。

 

キーワードツールで探す

代表的なキーワードツールはキーワードプランナーです。

keyword-kind7

「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索」にキーワードを打ち込んでください。
今回の場合は、「エステナードソニック ROSE」を入力します。

尚、検索回数は検索する時間帯によって変化する事がありますので、あくまで目安として活用してください。

keyword-kind9

一番下の「候補を取得」を押すと、キーワードや月間平均検索回数を調べる事が出来ます。

keyword-kind12

検索回数の大小で判断する

キーワードプランナーを使っての検索回数の確認は、需要を調べる為に作業です。

スモールキーワード

月間検索回数が1000回未満のキーワードです。

ミドルキーワード

月間検索回数が10000回未満のキーワードです。

ビックキーワード

月間検索回数が10000回以上のキーワードです。
検索回数が多ければ需要がありますが、ライバルも多くなります。

そのためアフィリエイトは複合キーワードを使います。
複合キーワードを加えていくだけ検索回数は少なくなってライバル不在になっていきますが、需要が少なくなります。

SEOが一番強いサイトタイトルには2キーワード、記事コンテンツには2〜3の複合キーワードでロングテールを拾っていくのが基本です。

スモールキーワードの扱い方

検索意図の明瞭さという意味では、スモールが一番大きくなります。
意図が分かりやすいので記事も書きやすくなってきます。

検索意図の明瞭さ
スモール>ミドル>ビッグ

例えば上記の検索結果で「980円」というキーワードは検索回数こそ少ないですが、かなり具体的なキーワードで調べているので購入意欲が高いユーザーだと分かります。
「評判」も口コミを気にしているユーザーなどで購入しようか迷っているキーワードですね。

1000回以下のキーワードですが、非常に成約がとりやすいと判断出来ます。

このキーワードで責めるかどうかはライバルの状況などによって判断する必要があります。

 

まとめ

【ポイント】

  1. キーワード探し方を知る
  2. キーワードから記事候補を作っていく
  3. キーワードプランナーを使って検索回数もチェックする

 

業界、商品に詳しい場合は他の人が使わないキーワードを使っても面白いと思います。

例えば、僕は介護関連のサイトも持っていますがすべて外注に記事をお願いしています。
そうすると「魔の3ロック」とか、初めて聞いたキーワードがあったんですが、このキーワードでかなりのアクセスが取れています。

この場合、成約が取れるキーワードではないですが「魔の3ロックがない介護施設の判断基準」っていう記事を書いてあげれば、介護施設を探している人にとっては有益な記事になっていくでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です