アフィリサイトが弱い段階でのライバル不在のキーワードの狙い方

keyword-select-basic

サイトアフィリエイトではライティングやプログラム選びも重要ですが、その中でも最も重要な要素が「キーワード選定」です。

1円も稼げない、毎日記事を書いているのにまったくアクセスが無い!という人は、キーワード選定が間違っている場合が非常に多いです。

それぐらい重要なのが、この「キーワード選定」です。

キーワードとは?

キーワードとは検索エンジンに表示される単語の事です。
複合キーワードや単体キーワードと呼ばれるものがあります。

単体キーワード

「薄毛」「エステ」「カードローン」などの1単語でのキーワードです。
一般的には、ビッグキーワードとも呼ばれます。

検索ボリュームが多いのですが、ライバルが多いので上位表示がしにくいデメリットがあります。

複合キーワード

「薄毛+原因」「エステ+格安」「カードローン+おすすめ」など複数のキーワードを組み合わせたものを指します。
一般的には、スモールキーワードとも呼ばれます。

検索ボリュームは単体キーワードより減りますが、ライバルが減るので、上位表示はさせやすくなります。

 

キーワード選定の基本

ロングテールのアフィリサイトの場合は基本複合キーワードを狙いますが、大体3語で狙います。

「薄毛+原因+○○」みたいな形ですね。

ですが、成果のでない人は2語目の選び方を見直しましょう。
ここでいう「原因」にあたる部分です。

 

広くて狭いキーワードを狙う

人気のあるジャンルでは、複合キーワードが2語だと上位表示は大変です。

上位表示させるには2語の段階で狭い方が、上位表示が楽です。

「薄毛+原因」というキーワードで考えていきましょう。

このようなキーワードは誰でも考えられるキーワードですのでライバルが多すぎます。
ここはさらに狭くしてキーワードを考える必要があります。

「薄毛の原因」というキーワードを更に狭く考える場合、原因といっても色々ありますよね。
その原因を絞っていく事で範囲は狭くなっていきます。

そうなると、

  • 薄毛+食事
  • 薄毛+ストレス
  • 薄毛+遺伝

などが考えられます。

「原因」ではなく、このキーワードの方が狭くなり、ライバルは少なくなっていきます。
これでもライバルが多い場合は更に範囲を狭めていきます。

そうすると

  • 薄毛+肉食
  • 薄毛+睡眠時間
  • 薄毛+父親

このぐらい絞ると、ライバルはかなりいなくなりますが、検索ボリュームが少なくなっていきます。

その場合は3語の複合キーワードにします。

  • 薄毛+食事+改善
  • 薄毛+ストレス+睡眠
  • 薄毛+遺伝+割合

 

月間検索数を調べてキーワードの需要を知る

検索ボリュームを調べるには「キーワードプランナー」で調べます。

keyword-select-basic01

このようにグラフが出ればOKです。

グラフが出ない場合には、狭くしすぎてるという事ですので集客出来ないという事になります。

 

なぜキーワードを狭める必要があるのか?

ここまでかくと、最初から3語で狙えばいいのかという質問が過去にあったのですが、2語目の選び方が出来てない人が非常に多いんです。

「薄毛+原因+○○」で上位表示させられれば1番良いのですが、ライバルが多すぎるのは分かると思います。

サイトが弱い段階では「原因」というキーワードではなく、原因から更に絞ったキーワードを拾っていきます。
色々なキーワードで上位表示させていく事を優先させた方が良いでしょう。

サイトに力がついて来てからの方が良い結果が出ます。

キーワードを絞っても書く事は同じです。
それなら狙うキーワードをタイトルに含めてライバルが少ないキーワードをどんどん拾っていく積み重ねが重要です。

キーワードを狭める事で検索数は少ないですが、上位表示させやすいので結果的にアクセスは増えていきます。

 

ロングテールサイトでのキーワードの選び方

ロングテールの場合は上記のようなニットな狭いキーワードだけでは、マニアックすぎるサイトになってしまいます。

最終的には広いキーワードと狭いキーワードの記事を両方書いていく事が重要です。
割合的には7:3位で様々な狭いキーワードの記事を増やしていきましょう。

「薄毛+原因」というキーワードで記事を書いて、狭いキーワードの記事を内部リンクをする事で、1つのコンテンツになっていきます。

keyword-select-basic

 

まとめ

キーワード選びは、稼ぎに直結する重要な作業です。

キーワード選びの目的は上位表示です。
上位表示させる事で、アクセス数がサイトの評価をあげていくのでライバルが強いキーワードでも勝負出来る様になります。

最初はサイトが弱いので、狭いキーワードを狙っていくことを心がけてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です