雑誌やテレビを意識してみるだけでアフィリエイトに生かせる方法

magazine-tv

アフィリエイトで稼げない人の特徴に需要のリサーチ不足という事があげられます。
ペルソナ設定やリサーチを怠ってしまうと、いくらしっかりしたコンテンツを作っても報酬は上がりません。

ここでは、雑誌によるペルソナ設定や需要の調べ方について解説します。

雑誌が出ている=需要がある

専門誌や業界紙を、ここではまとめて雑誌と呼びますが、雑誌は書籍と違って広告費で成り立っています。
テレビ番組におけるCMと考え方は同じです。

雑誌が出ている=需要があると考えて下さい。

書籍はある意味予算さえあれば誰でも出版出来ます。

需要が無くなれば廃刊される為、実に世間の需要が反映されやすいといえます。

 

ニッチなジャンルにこそお宝が眠っている

magazine-tv1

雑誌と言えば「Fujisan.co.jp」が代表的です。現在販売されている様々な業界紙を調べる事が出来ます。
http://www.fujisan.co.jp

星座や短歌の専門雑誌とかまであって、一般の本屋では見る事の出来ない雑誌が発売されているのが分かります。

販売されている=需要があるという事ですから、知識がある人や興味がある場合はこのような雑誌を選んでも良いかもしれません。

このようなジャンルはライバルはほとんど存在しませんのでブルーオーシャンです。
アクセスは集まりにくいですが、アフィリエイトに繋げられば高い成約率が見込まれます。

 

実際の本屋に行くメリット

Fujisan.co.jpでオンラインでも確認しながら、本屋に行く事もおすすめです。

今売れ行きがよい雑誌等は特集されていたり、見やすい位置に平積みになっていたりと現在の流行も知る事が出来ます。

本屋のレイアウトはかなり考えて配置してあるらしく、レイアウトの専門家までいるそうです。

この雑誌をみたあとに、この雑誌をみれば手にとるだろう・・
みたいな事を考えてレイアウトしているようなので、興味があるジャンルが周りに並んでいる場合が多いようです。

 

雑誌内の広告を調べる

雑誌を実際に購入すると様々な広告が入っているのが確認出来ます。

ただ単純に読み飛ばすのではなく、どの様な業界が広告を出しているのかを調べて見ましょう。

例えばビジネスマン向けの雑誌なら30代の男性がターゲットです。

  • クレジットカード会社
  • 銀行
  • カードローン会社
  • 育毛剤

などの広告があります。

20代の女性向けのファッション雑誌なら、

  • エステ
  • 脱毛
  • アクセサリー
  • 婚活

などの広告があります。

代理店などがマーケティングしている世代のニーズを雑誌を購入するだけで、その世代のペルソナ設定を知る事が出来るんです。

成果が上がっていないのにお金を掛けたくないという気持ちは分かりますが、雑誌は大体1000円以下で購入出来ます。

専門家が、この雑誌に広告を出せば売れるというリサーチをして広告掲載しているので非常に参考になると思います。

 

テレビを見る時もCMを意識しよう

雑誌と同様にテレビもぼーと見てしまいがちですが、CMを意識して見てみましょう。

例えば20代から40歳ぐらいまでがターゲットになっている「情熱大陸」。

流れるCMは、マツダの車やアサヒのビールのCMが多く見られます。
この様にターゲットを定めて流されるCMも意識して見るだけで勉強になります。

 

まとめ

このようにちょっと意識して雑誌やテレビをみるだけで、需要やペルソナ設定を知る事が出来ます。

また、ターゲットに刺さる記事を書く事も出来ます。

カードローンのアフィリエイトを育毛剤の視点から書けたりします。

CMや雑誌をみるだけで、カードローンのサイトに薄毛の記事を書けば興味を引く人は多いのは、わかっているわけです。(もちろんカードローンと薄毛をうまく繋げないとダメ)

例:薄毛に悩む前にクリニックに通うならカードローンがおすすめ!

他の人とは違う記事が書けそうですね。

 

関連記事

アフィリエイトするジャンルを選ぶ4つのポイント

2015.12.13

 

【ポイント】

  1. 雑誌をみる重要性を知る
  2. 雑誌を買ってみる
  3. テレビもアフィリエイトを意識してみてみる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です