サイトマップ自動作成するPS Auto Sitemapの設定と使い方

ps-auto-sitemap

サイトの内容を一覧で表示するサイトマップを自動で作成してくれるワードプレスのプラグインです。

このサイトにはどんな情報があるのかを一覧表示してくれるので、訪れて来てくれた人のユーザビリティにも良いプラグインです。

この記事ではPS Auto Sitemapの設定方法と使い方をご紹介します。

サイトマップはそもそも必要なのか?

あまり一般の方はチェックしないかもしれませんが、サイト全体の構造(コンテンツ)を俯瞰してみれるて目的の情報を探し出すことが出来ます。
ですが、ほとんどの方はサイトマップなど見ないでしょう。

例えばアップルのサイトマップ。

昔のホームページと言われている頃はトップページからツリー型で情報を探していく事が一般的でしたが、現在はGoogleが進化していますので検索で探す人の方が圧倒的に多いです。

apple-sitemap

「基本的には無いよりあった方がいい」ぐらいの感覚でいましょう。

サイトマップはでも作ってくれますが、こちらは自分のサイトの中に内部リンクを作って張り巡るプラグインです。

サイトマップがある事で一覧ページが出来ますのでクローラーがサイトの巡回をしやすくなります。
アフィリエイターとしては目的はこっちです。

PS Auto Sitemapの設定方法

PS Auto Sitemapをインストールする

まずはダッシュボードのプラグイン、新規追加から「PS Auto Sitemap」を検索。
インストールして有効化をします。

ps-auto-sitemap1

ダウンロードしてインストールする場合は下記のURLからダウンロードできます。

https://wordpress.org/plugins/ps-auto-sitemap/

 

PS Auto Sitemapの基本設定

インンストールが完了したら設定をしていきます。
ダッシュボードの設定から「PS Auto Sitemap」を選択すると設定項目が現れます。

初期設定は画像のようになっています。

ps-auto-sitemap2

 

サイトマップページを作成

サイトマップを表示するページを作成します。
作成するページは投稿ではなく固定ページを使用します。

設定する前にページを作成するのには理由がありますが、後述します。

まずは、「PS Auto Sitemap」設定画面の一番下にある画像のコード部分をコピーかメモ帳に記入しましょう。
なお、これは誰でも共通のコードなのでこれをコピーしよう。

<!-- SITEMAP CONTENT REPLACE POINT -->

ps-auto-sitemap3

 

固定ページでサイトマップを作成

続いては固定ページから新規作成を選びます。
ページを作成したら、ページに任意の名前をつけて、固定ページに先ほどのコードを貼付けします。

画像上でも書いてある通りにHTMLモードで貼付けましょう。
HTMLモードはテキストモードの事です。

ps-auto-sitemap4

「公開」ボタンをクリックして、固定ページを保存します。

保存したら固定ページのパーマリンク横の「編集」にカーソルを持っていくとページIDが分かりますので、メモっておきましょう。
今回の場合なら「992」ですね。

ps-auto-sitemap5 ps-auto-sitemap6

固定ページの設定はこれで終了です。

 

サイトマップの表示設定

この画面ではフォームの各種設定やメール、メッセージの設定等が出来ます。
サイトマップに載せる情報を選びます。

ps-auto-sitemap7

ホームページの出力

トップページを出力するかです。ここは任意です。

投稿リストの出力

投稿ページを出力するかを設定出来ます。ここにはチェックを入れましょう。

固定ページリストの出力

固定ページを出力するかを設定出来ます。

サイトマップを表示する記事

ここに先ほど作った固定ページのページIDを記入します。

 

サイトマップの表示記事と詳細設定

サイトマップに載せる情報の詳細設定です。

ps-auto-sitemap9

出力階層制限

どのぐらいのカテゴリの階層まで記事を表示するかを指定出来ます。
指定した階層より下のリンクは表示されなります。

カテゴリの階層が3.4層ある人は設定してもいいかもしれません。

先に出力するリスト

どちらを先に見せるかという事です。

カテゴリーと投稿の表示

分割してカテゴリーと投稿を表示するかを設定出来ます。
「投稿を分割」にするとカテゴリーのみの表示になってクリックすると記事一覧が表示されます。

除外カテゴリ

サイトマップに載せたくないカテゴリを指定する事ができます。

除外記事

こちらは記事。
サイトマップに載せたくない記事を指定する事ができます。

スタイルの変更

サイトマップのビジュアルが変えられます。

キャッシュの使用

キャッシュの使用はキャッシュ系のプラグインを入れている場合は意味が無くなるので、いらない。
入れていない場合でもあまり効果は期待出来ないので外しておきましょう。

 

最後にサイト上で確認

実際にサイトを見てみましょう。
当サイトではグローバルメニューに追加しました。

しっかりと反映されていれば終了です。

ps-auto-sitemap10

 

以上で終了です。

サイトアフィリを始めるなら絶対インストールすべきプラグイン10選

2015.10.19

 

まとめ

【ポイント】

  1. PS Auto Sitemapはクローラーを促進する
  2. ユーザビリティが良いサイトを作れる
  3. PS Auto Sitemapの設定の仕方や使い方を理解する。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です