3分で理解するSearch Console(サーチコンソール)に登録する一番のメリット

290H

「Google Search Console」は、以前までは「Googleウェブマスターツール」とよばれていたものです。
2015年5月から名称が変わりました。

Googleが提供する無料ツールですので、サイト運営には必須ですのでかならず登録しましょう。

Search Console(サーチコンソール)に登録する一番のメリットについてご紹介します。

Search Console(サーチコンソール)に登録する一番大きなメリット

Search Console(サーチコンソール)に登録する一番のメリットは、
「サイトの改善のヒント」が分かるという事です。

このツールによってGoogleにどう評価されているかが分かります。

Google Search Console は、Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視、管理できる Google の無料サービスです。自分のサイトが Google 検索結果に表示されるようにするために Search Console に登録する必要はありませんが、登録していただくとサイトが Google にどのように認識されるかを確認し、検索結果でのサイトのパフォーマンスを最適化できるようになります。

引用:Google 公式サイト『Search Consoleとは』

ただあくまでヒントを教えてくれるという事です。

  • どう直せば評価してくれるのか?
  • 改善方法はどうすればいいのか?

はGoogleからのエラーメッセージを受けて自分で改善していかなくてはいけません。
そしてどう改善すればいいのかは、Googleにしか正しいやり方はわかりません。

ただヒントについては、Youtubeなどで配信されているGoogle Webmastersの公式チャンネルなどで教えてくれています。

自分が間違ったサイト作りをしていた場合には指摘してくれるので、直していく事で「Googleが求めるサイト運営」が出来ていくので必須のツールですね。

Search Console(サーチコンソール)に登録するデメリットは?

逆にデメリットはなんでしょう?

根本的には登録するとあなたのサイト情報はすべてGoogleに伝わってしまいます。
これをデメリットにとるかどうかという問題です。

例えば、アドセンスなどで規約違反をしていた場合にはペナルティを受けたりするなどがあります。(トレンドアフィリエイトなど)

このような場合にはSearch Console(サーチコンソール)に登録しない方がいいという人もいますが、そもそもペナルティを受けるという事は何かしらがGoogleにとっては好ましくないという事になります。

  • コピペ文章のサイト
  • 画像の著作権法違反
  • 価値の無いサイト

に対してGoogleはペナルティを与えます。

そういうサイト運営は長続きしないので、登録しなくてもいつかはペナルティを受けます。
個人的にはSearch Console(サーチコンソール)への登録は必須です。

 

最後に

Googleの検索エンジンの目的は、検索者にとって役に立つ記事を表示する事です。
つまり検索した人のキーワードに一番適した記事を表示させたい訳です。

これからのサイト作りには、コンテンツが重要ですがその為の有用なツールが、Search Console(サーチコンソール)です。

 

あなたのサイトをSearch Console(サーチコンソール)に登録するやり方はこちらです。

最も簡単なGoogle Search Consoleの登録方法

2016.04.05

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です