長文記事でも最後まで読ませるSEOライティング5つのポイント

seowriting-5point

SEOを意識したライティングにはポイントがあります。
とにかく長文を書け!という人が多いですが、長ければ良いというものではありません。

文章を読み慣れていない人からすれば、5000文字の記事を読むだけでもストレスで結果アフィリエイトする前に離脱されてしまいます。

この記事では初心者でも取り入れやすいSEOライティングの5つのポイントをご紹介します。

1文を短くする

文章の読みやすさとして、だらだらと一文が長いとストレスが溜まります。
常に文章ごとに句読点(。や!)で区切ったり改行を入れた方が読みやすくなります。

webライティングは小説ではないので、読む側を意識したライティングが重要です。

1文で色々伝えようとせずに、短くすることを意識しましょう。

主語と述語はできる限り近づけた方が良いです。

極端ですが例としては、このような感じ。(●●とは、○○ということです。)

短くするには?

箇条書きを使う

ワードプレスには箇条書きが簡単にできる機能がありますので、こちらを利用します。

例えば、このような文章があります。

(例)発達障害は主に「ASD(自閉スペクトラム障害)」と「ADHD(注意欠陥多動性障害)」「LD(学習障害)」の3つに分類されるようになり,またそれぞれの併存性も認められるようになりました。

こういう文章は、箇条書きにまとめた方が読みやすくなります。

発達障害は主に

  • ASD(自閉スペクトラム障害)
  • ADHD(注意欠陥多動性障害)
  • LD(学習障害)

の3つに分類されるようになり,またそれぞれの併存性も認められるようになりました。

テーブルを使う

また、ワードプレスのテーブル機能なども使いましょう。
メリットデメリットなどはテーブルにまとめてあげた方が見やすくなります。

例えば、民泊のメリットとデメリットの記事を書きたい場合です。

メリット デメリット
手軽に始められる 部屋が汚されたり壊されたりする可能性がある
空き家や空き部屋を活用できる 近隣住民から苦情が出る可能性がある
料金が安い

こちらは、ケースバイケースで使い分けましょう。

 

画像やイラストを使う

パッと見た目で画像やイラストが入っていると一気に長文でも読みやすくなります。

女性は長文は好まない傾向にあるので、特に女性向けの商品やサービスをアフィリエイトする場合には、特に重要です。

画像は無料で利用できるサイトが多くあるので、こちらを参考にして見てください。
国内、海外別に紹介しています。

【海外版】クオリティを一瞬で上げる!無料でも有料並みの画像サイト20選

2016.03.28

【要ブクマ!】国内の無料で商用利用可能なフリー写真サイト27選

2015.11.14

また例えば、操作や手順などを説明する場合には、スクリーンショットを使った方が文章で書くより分かりやすくなります。

seowriting-5point1

こちらはbingの登録手順を説明した記事ですが、画像と一緒に説明文を入れてあげた方が丁寧です。

 

結論を最初に言う

これはWebライティング独特だと思いますが、まずは結論を先に書いてしまうことが重要です。

冒頭にあなたが読むメリットや知りたいことが書かれているか?を書かないと、「じゃぁ読んでみようか!」と読む気もなくなってしまうからです。

キーワードから連想して読む側が知りたいであろう結論を推測することが重要です。

例えば、「自己破産 費用」と検索している人は、お金がいくらかかるのか?が知りたいと推測されます。
なので、最初に費用のことを書いてあげた方がじゃぁ読んでみようかな?となります。

(例)自己破産費用には、弁護士費用裁判所費用の2つがあります。費用がいくらになるかは、あなたの借入状況によって大きく変わってきます。

引用:http://saimuseiri.kabarai-sp.jp/hasan-hiyou.html

 

webライティングの基本の流れは、

結論→理由→根拠→具体例ですので意識して見てください。

 

簡単な言葉を使う

専門用語などは、なるべく誰でも理解できる言葉に直してライティングした方が良いです。

アフィリエイトするジャンルが難しいなら難しいほど、そのジャンルに知識がない人でも理解できる言葉に直してあげることが重要です。

よく言われますが、「中学生でも理解できるように書く」という事です。

実生活でも専門用語ばかり使う人がいたとすると、かなりうざくありませんか?
ライティングでも同様です。

権威を出そうとして難しく書く必要は1%もありません。

読む側がわからなそうな言葉の場合は、なるべく説明を入れてあげた方が丁寧です。wikiなどを利用して、常に親切なライティングを意識した方が良いでしょう。

 

横文字、代名詞を使いすぎない

ジャンルによっては、この傾向も強いです。

アジャストだったり、フィックスだったりターゲットが上級者向けなら良いですが、アフィリエイトに関する記事だとあまり良くないですね。

使わないと伝わらない場合は、OKです。

代名詞とは「これ」「こちら」「あれ」などです。

文章を最初から読んで入れば理解できるだろうと思って使う人がいますが、webの場合は最初からしっかり読んでくれる人は少数です。

読みたいところだけ読むと言う人が大多数なので、主語に代名詞は使わないようにしましょう。

 

まとめ

記事を書き終えたら、自身でもう一度読んで見ましょう。

そのジャンルに興味がない人でも理解できる内容か?分かりづらくはないか?など見直すことで最後まで読んでもらえる記事ができてくると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です