サイトタイトルの正しい付け方|Googleに評価される7つのポイント

site-title

アフィリエイトする時のサイトのタイトルはどうやって決めていますか?

サイトタイトルはSEOが最も強くなる部分なので重要です。どんな内容の記事があるサイトなのかを一目でわかるタイトルである必要が有ります。

サイトタイトルの重要性

サイトタイトルは、まずパッと見てどのようなサイトなのかが分からなくてはいけません。

ブログで良く有る「○○のおすすめ日記」等だと、どのような内容のサイトなのかが分かりません。

ブログだといいんですけど、その人のファンにしか見られないという事です。

 

アフィリエイトするサイトタイトルの付け方|7つのポイント

SEOを意識したサイトタイトルをつける

基本的にあなたが作るサイトを説明する名称であることが重要ですが、検索エンジンが最も評価する部分なので、SEOを意識して作ります。

コンテンツアフィリエイトの場合は集客するキーワードは記事タイトルで行ないますが、内容と関連したタイトルでメインキーワードは必ず入れましょう。

「転職」をメインキーワードにするなら「転職」は必ずサイトタイトルに含めましょう。

転職をメインとしたサイト作りを目指いくのが最善で結果を残せます。

 

サイトタイトルと記事の内容はずらさない

検索エンジンは記事に含まれるキーワードの割合と、ブログタイトルを見てどんなサイトなのかを判断していくのは昔から変わりません。

メインキーワードに沿った記事を書いていく事でサイトが評価されてパワーが付いてきます。

例えば「転職情報ナビ」というブログタイトルなのに、記事の内容が全く関係のないグルメの記事を書いて増やしていくと、各個別記事はグルメ関連で評価がされても、トップページに集まるキーワードとの関連がなくなります。

そうする事で検索エンジンからは「このサイトはどんな内容なのか?」が分からなくなり評価が低くなってしまいます。

このような形が理想的です。

site-title1

 

キーワードは2つ以上含める

今回を例にとった「転職」というメインタイトル。
良く有るのが「転職.com」や「転職ネット」などのタイトルを付ける方が多いのではないでしょうか?

この場合は、メインキーワードが「転職」なので正しいですが、「転職」という一つのワードだけではおそらく企業系で検索上位は埋め尽くされているでしょう。

site-title2

上は広告枠などで無視してください。

とても1ページ目に出てくる可能性はありません。

そこで複合キーワードを入れていく必要が有ります。

「メインキーワード+複合キーワード」でサイトタイトルは作っていくのが良いでしょう。
複合キーワードを含む事によって、ライバル数を減らしてくれます。

ですが複合キーワードは多すぎてもダメで、SEOを受けられるパワーが分散してしまいます。3つ以内が理想的です。

ただし1つでも2つでもライバルサイトが弱い場合には構いません。

 

サイトタイトルは長過ぎない

複合ワードを入れていくといっても長過ぎるタイトルは良くないでしょう。検索エンジンが認識出来る文字数は32文字ですので、なるべく少ない方が理想的です。

site-title3

「40代で絶対成功する転職サイトの選び方」・・・「転職」「40代」はキーワードが2つ含まれており覚えやすい。

「40代男性におすすめの転職サイトはどこがいいか比較してみる徹底ガイド」・・・キーワードが「転職」「40代」「男性」「おすすめ」「比較」などキーワードがてんこもりですが、長過ぎます。
上記でも説明しましたが、キーワードが分散されているのも良くありません。

またあまりに長過ぎるタイトルだと記憶には残りにくい点もデメリットです。
サイトに人気が出てくるとサイト名で検索される事がありますが、その点も踏まえてサイトタイトルを決める際には十分考慮しましょう。

もしサイトタイトルが長くなってしまう場合

一度短めのタイトルを付けて、後半に「|(パイプ)」「 -(ハイフン)」「:(コロン)」などで区切ってください。

「40代転職ガイド|絶対成功する秘密を公開!」といった感じです。

 

興味を惹くサイトタイトルにする

サイトタイトルは検索結果に表示された場合には、人が見たくなるようなタイトルにする傾向が最近強まっています。

例えば、上記で出した「40代で絶対成功する転職サイトの選び方」を例にとります。

  • 「40代で絶対成功する転職サイトの選び方」
  • 「40代転職ガイド」

極端な例ですが、「40代で絶対成功する転職ガイド」の方がパッと見てクリックしてみようかなと思うのではないでしょうか?

「絶対成功する」部分のような遊び部分をつけてあげた方がユーザーにとっても分かりやすいし、他のサイトとの差別化もできます。

あくまで遊びすぎず、サイトの内容がわかるサイトタイトルなら良いので色々考えてみましょう。

 

同じ名詞を複数入れない

例えば「転職成功者が語る転職サイトの選び方」といった具合です。

一見良さそうですが、転職が2回含まれているのはSEO上良くないとされています。

この場合だと「成功者が語る転職サイトの選び方」にするか「転職成功者が語る求人サイトの選び方」等が良いでしょう。

 

変な記号や空白は入れないようにする

「?」「!」「=」などは意味が無い文字とgoogleに判断されますので入れないようにしましょう。

また空白も良く有りません。「転 職」と入れてしまった場合はキーワードが「転職」と認識されず「転」「職」の2つで判断されてしまいます。

これは記事タイトルでも同様です。

 

まとめ

一度決めたサイトタイトルは極力変更しないようにしましょう。
問題ないという意見もありますが、頻繁に変えると記事自体の評価も下がったりしてしまいます。

新しいサイトタイトルが反映されるのも期間はマチマチで、全体の評価にも時間がかかってしまいます。

サイトタイトルは十分考えた上でつけていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です