アフィリエイトの確定申告の必要経費|実際に落としているものまとめ

tax-return-keihi2

僕もそうですが、アフィリエイトで収入を得ている場合には確定申告が必要です。
しない場合は脱税になってしまいます。

ですが、多くの人が副業でやっているアフィリエイトの場合無視している人も多いかもしれません。

今回の記事ではアフィリエイトにおける確定申告の必要経費についてです。

確定申告をする必要性

ぶっちゃけ何も税務署から指摘が無い場合はほとんどで、「俺は毎年何も言われてないから今年も無視だぜ!」という人が多いのも事実です。

末端の人たちにはチェックが入る様な事は少ないようですが、後から電話がかかってくる場合もあります。
おそらく完全に運です。

基本的にはアフィリエイトでの収入面だけを見た場合、年間で20万円以上の収入がある場合には確定申告をしなければならないとされています。

申告しない場合どうなる?

納付期限(毎年3月15日)に遅れると年14.6%の延滞料がかかります。

そして無申告が見つかると最大で20%の上乗せ金を請求されてしまいます。
これは各地域の税務署によって変わってきます。

最悪のパターンは脱税が確定すると、懲役刑になる場合もあるので注意が必要です。

 

年間20万円以上(専業は38万)のアフィリエイト収入があるなら確定申告が必要

確定申告しなければならない場合は、以下となります。

  1. アフィリエイトとその他所得が20万円超の給与所得者(副業でアフィリエイトをしている人などが該当)
  2. アフィリエイトとその他所得が38万円超(専業主婦や専業アフィリエイターなどが該当)

多くの人が副業でアフィリエイトをしていますが、20万円が目安です。
つまり20万円を年間で稼げていない人は確定申告をする必要はありません。

20万円以上稼げている人は確定申告をするのが義務なんです。

 

アフィリエイトにおける必要経費とは

では収入を申告する義務については上記の通りですが、経費も申告しないと損をしてしまいます。
アフィリエイトにかかったと思われるお金は全て経費として申告しましょう。

ではどんなものが経費としてみとめられるのか?が重要だし、難しいです。

これは法律的に明らかに経費と認められるものと経費と認められないものが区別させていれば分かりやすいのですが、グレーゾーンのものがアフィリエイターには多いんです。

ちょっと言い換えると、「どこまでグレーゾーンを責めるのか?」です。

税務署によってこれは経費として認められない!といってくる場合もあるのですが、私が必要経費として申告しているものは以下の通りです。

売上げに結びつくものは全て経費でOKです。

新聞図書費

サイト作成に必要な書籍や雑誌、アフィリエイトやwebに関する専門書籍の購入費

雑費

サイト作成のため有料素材(画像、イラストなど)、有料テンプレート代、ASP成果報酬の振込手数料(細かいですが含めて良いです)

旅費交通費

移動の際の電車やバスの交通費(領収書はいらないです)、アフィリエイターのオフ会参加のための交通費

消耗品費

プリンターのインク代、用紙代、マウス、タブレット、ホームぺージ作成ソフト代、デジカメの電池代

広告宣伝費

PPC広告費用

外注費

記事の外注費用、SEO対策に有料サービスを利用している場合

交際費

アフィリエイトに関するセミナー参加費、人と会った場合の食事代やカフェ代

通信費

サーバー代、ドメイン代、プロバイダー料金、携帯スマホ料金、wifiなどの月額料金

減価償却費

PC、車(減価償却費に関しては、何割アフィリエイトに利用しているかを決めておく必要がある。)

 

経費として認められにくいもの

海外旅行

よく女性に多いのですが、「海外旅行」もアフィリエイトとして旅行プログラムを使っているので経費にしたい!といったいけんがありますが、結構はじかれやすいです。

なぜアフィリエイトに海外旅行が必要なのかを証明出来るものがないと、税務署からチェックが入る可能性は高いです。

物はなんでもいいので、何を調べたなど仕事と証明すれば認められます。
信憑性を増さないと税務署員を説得するのは難しいでしょう。

情報商材

正直ケースバイケースですが、レポートをする必要がある場合などはそれを証明できれば大丈夫ですが、知識を得る為の購入は経費として認められづらいです。

自分の為にお金を使ったものを経費とするのはおかしいんじゃないか?という税務署員もいるようです。

 

最後に

青色申告ではなく、白色申告の場合は細かい内容までは基本的には問われませんが2015年から帳簿の義務化が設けられました。

提出義務は無いのですが、もし審査やチェックが入ってしまった事を考えてしっかりと自分で管理出来るようにしておく事をおすすめします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です