投稿が楽になるプラグインTinyMCE Advancedの設定と使い方

tiny-mce-advanced

TinyMCE Advancedはワードプレスを無料ブログの様に簡単に装飾出来るようにするプラグインです。

タグを使わなくても様々な装飾がカスタマイズ出来るので入れておいた方が便利です。

この記事ではTinyMCE Advancedの設定方法と使い方をご紹介します。

TinyMCE Advancedの設定方法

TinyMCE Advancedをインストールする

まずはダッシュボードのプラグイン、新規追加から「TinyMCE Advanced」を検索。
インストールして有効化をします。

tiny-mce-advanced1

ダウンロードしてインストールする場合は下記のURLからダウンロードできます。

https://wordpress.org/plugins/broken-link-checker/

 

Broken Link Checkerの基本設定

インンストールが完了したら設定をしていきます。

ダッシュボードの「設定」から「TinyMCE Advanced」を選びましょう。

一般設定

まずデフォルトではこのような画面が確認出来ます。

tiny-mce-advanced2

 

ツールをカスタマイズする画面です。

ドラッグアンドドロップで全て追加出来ます。お好みで大丈夫ですがよく使いそうなものを入れましょう。

フォントサイズや背景色の設定等ワードプレスの初期設定では入ってないので入れておきましょう。

tiny-mce-advanced3

 

個人的に僕がいつも設定しているのはこんな感じです。必要最低限のものしか加えてません。

tiny-mce-advanced4

 

Advanced Options

デフォルトで問題ありませんが、強いてチェックするなら「Replace font size settings」です。ここにチェックを入れる事でフォントサイズをpx(ピクセル)に変更できるので慣れている方で選びましょう。

tiny-mce-advanced5

Administration

カスタマイズした設定は保存しておく事が可能です。サイトを複数作っていく場合には保存しておいた方が楽チンです。

保存する時は「Export Setting」、保存した設定を読み込む場合には「Inport Setting」です。

tiny-mce-advanced6

 

最後に「Save Changes」で保存すれば終了です。

サイトアフィリを始めるなら絶対インストールすべきプラグイン10選

2015.10.19

まとめ

【ポイント】

  1. TinyMCE Advancedの設定の仕方や使い方を理解する。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です