アフィリエイトはSNSでは無く検索エンジンを意識して記事を書く理由

writing-search-engine

アフィリエイトで成果を伸ばして行くにはあなたのサイトに誘導する必要があります。

最近はスマホ利用者が増えているため、FacebookなどのSNSから集客しましょうという風潮がありますが僕が思うに必要ありません。

いくら頑張って投稿していても時間の無駄になります。

SNSを意識しなくて良い理由

アフィリエイトサイトの場合、ただ人が見てくれれば良いわけではありません。
キーワード選定に関わる部分ですが、成約に結びつきやすいキーワードで集客しなければ意味がありません。

SNSが広まり、あなたのサイトにもアクセス数は増えていると思いますが、SNS経由の人は成約には繋がりにくいです。

アドセンスが主な収入源になるブロガーやトレンドアフィリエイトをしている人がSNSを意識するべきでしょう。

SNS自体が受動的なメディアのため、あなたの記事の内容には興味が薄いので期待する反応は得られません。

 

アフィリエイトは検索エンジンを意識するのが王道

時代がスマホ全盛の今でもやはりアフィリエイターが意識するのは検索エンジンです。
狙ったキーワードで集客してこそ、成約に繋がるんです。

1日10アクセスのサイトでも、狙ったキーワードで集客していれば10万円稼げるのがアフィリエイトです。

もちろん記事がSNSにシェアされるメリットもあります。

 

SNSでシェアされるメリット

被リンク効果

最近はSNSでのシェアも検索エンジンの評価にも繋がるので、被リンクとしての効果が期待出来ます。

SEO効果にも繋がります。

集客層が広がる

集客層が広がるのは良い事です。
成約に繋がらなくても、記事を広める手段が多くなった事はメリットになります。

 

まとめ

ここで言いたいのは、Facebookに頑張って投稿するよりは、記事を書き続けた方が成果が出るという事です。

今後は分かりませんが、最短で結果を出せるのはまだまだ検索エンジンです。

SNSを意識する事よりも、まずは本来の作業にしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です