ワードプレスならめちゃ簡単!2017年はまずAMPに対応すべき【具体的手順つき】

amp-compatible

Googleがモバイルファーストインデックスを導入予定である事を発表しました。

参考記事:モバイル ファースト インデックスに向けて

これまでは、PC向けページの評価をもとにして検索結果が出ていたのですが、今後はスマホ表示での評価の方が優先されるというものです。
PCからの検索結果も反映されてしまうので、アフィリエイターはしっかり対応することが重要です。

そこでまずはAMP(アンプ)と呼ばれる対策をしましょう。

AMPの導入方法からアフィリエイトリンクまでご説明します。

アンプって何?

AMP(アンプ)とは、「Accelerated Mobile Pages」の略で、Googleが推奨するモバイルページの表示を高速化させる仕組みを言います。

Accelerated Mobile Pages は、読み込みを高速化しさらに快適なユーザー 体験を追求するためさまざまな技術的手法を活用してコンテンツをほぼ瞬時に読み込めるようにした HTML ページです。

Googleウェブマスターより引用

つまり、導入するだけでサイトを高速化できるページができる!ということです。

サイトを高速化するだけで離脱率を減らせるという話は以前にしたのですが、モバイルの評価には高速化は必須です。

こちらも参考に。
サイトの速度評価が低かったので3倍高速化させた全手順

あなたがどんなにしっかり記事を書いても読み込みが遅いだけで「もういいや!」と違うサイトを探してしまうことを防ぐことができるかもしれません。

AMPを導入するメリット

AMPを導入すると以下のメリットがあります。

  1. ページ表示速度高速化を実現できます。
  2. Googleが推奨するモバイルファーストに適応できる
  3. Googleの検索結果上部のカルーセル部分で表示される場合があり、認知度の向上やアクセス数の増加が見込めます。
  4. 今後検索順位に影響の可能性も??

2はよくわからないと思いますが、このような感じです。

amp-compatible1

3に関しては、今後という話です。

SEOに関しては、鈴木さんのブログではすぐには影響はないそうですが今後は重要視されてくるように思います。

ですが、露出に関しては高くなるようなので、SEO的にもAMP対応しておけば良い結果が得られそうです。

Googleは、サイト専用のニュースAMPカルーセルの提供を始めました。Googleパブリッシャーにとっては、検索結果での露出アップのチャンスになりそうです。

Google、サイト専用のニュースAMPカルーセルをモバイル検索で提供開始より引用

今後はAMP対応が重要な要素になることは十分あり得ますね。

AMPの導入方法

面倒かもしれませんが、Googleが重要視しているモバイルファーストを意識してAMPは対応しておく方がいいと思います。

導入方法はめっちゃ簡単ですので、まずはやってみてください。ワードプレスを使っている場合には、プラグインを入れるだけでできちゃうので。

プラグイン「AMP」をインストール

ダッシュボードの「プラグイン」から「新規追加」を選びます。

amp-compatible2

 

プラグインの検索で「AMP」と入力

amp-compatible3

 

プラグイン「AMP」が出てくるので「今すぐインストール」をクリックします。

amp-compatible4

 

「有効化」をクリックします。

amp-compatible4

 

以上でOKです!めっちゃ簡単ですね。

 

AMPの確認方法

さて、プラグインを入れても見た目上は全く変わりませんので、何が変わったのかがわかりません。

自分の記事のURLの末尾に「amp」と入力することで確認ができます。

  • 本来のURL:http://affiliate-structure.com/affiliate-template7
  • AMP対応URL:http://affiliate-structure.com/affiliate-template7/amp

となります。

当サイトで見て見るとこんな感じに見た目が変わります。

本来のページ

amp-compatible6

AMP対応ページ

amp-compatible7

サイドバーがなくなって、かなりシンプルな見た目になります。

そしてむちゃくちゃ速い!これが第一印象です。

また、GoogleのAMPテストページもありますので、こちらでURLを入力するだけでチェックすることも可能です。

 

アフィリエイトリンクもAMPに対応

アフィリエイターがいつもお世話になっているASPのアフィリリンクもAMPに対応し始めています。

 

特に画像バナーなどは表示速度に差が出るのでこちらに変更した方が良いかもしれません。
ただしASPだけではなく、広告主がAMPに対応する必要があるので自分がアフィリエイトしている会社の詳細ページを確認して見ましょう。

AMP対応のリンクコードの導入方法

上記のアフィリエイトBで説明します。

アフィリエイトBは画像バナー、テキストリンクどちらもAMP対応しています。

広告原稿一覧をクリックします。

amp-compatible8

 

載せたいバナーの広告原稿(リンクコード)取得をクリックします。

amp-compatible9

 

2つのアフィリエイトリンクが出てきますので、『AMP対応リンクコード』を選びましょう。

amp-compatible10

AMPプラグインを入れていない場合には、AMP対応のアフィリエイトリンクを入れても見えませんのでご注意ください。

 

まとめ

以前まではモバイルフレンドリーアップデートと言って、モバイルの評価も検索順位に反映しますよというぐらいだったのですが、今後は逆転することは確かなようです。

すぐに対応しなくても問題はなさそうですが、思いついた時にサクッとAMP対応しておけば、急に検索順位が下がった!と焦ることもなくなります!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です